キャッシングの審査に通らない場合の対処法

キャッシングの審査に通らない場合の対処法

それぞれのローン会社には、独自のキャッシングの審査基準が存在しています。審査に通りやすい人というのは、公務員や大企業など安定した職業に就いている人で、持ち家があるなど担保があれば、さらに大金を貸してもらうことが可能になります。しかし、公務員や大企業などに勤めているからといって、その人に支払い能力があるとは限りません。借金を申し込んでいる時点で、お金を必要としていることが明白だからです。

その人の支払い能力を確認するためにローン会社は、職業や年収、勤続年数、居住年数などを調べます。この中で重視されるのは、勤続年数や居住年数のようです。年収が高くても転職が多かったり、引越しをたびたびしているようだと、審査に落とされることがあります。収入が不安定な自営業者や派遣社員、フリーター、収入の無い専業主婦などは審査対象としてはずされることも・・・。しかし、安定した収入があれば、アルバイトやパートであったとしても貸してくれるところはありますから、審査に通らない原因を見極めて、通りやすいところを選ぶことが大切です。

キャッシングの審査に落ちたとしても、ローン会社はその理由を知らせてはくれません。安定した仕事に就いていて、住んでいるところも数年は引越しをしていない、なのになぜ、審査に通らないのか?落ちた理由がわからないと、ほかのローン会社の審査を受けるのが臆病になってしまいます。審査に通らない原因として考えられるのは、過去に延滞履などがあり、信用情報機関に登録されてしまっているケース。審査を急いでいるなどで、複数のローン会社に申し込んでいるケース。クレジット破産者である「クレジットヒストリー」と誤解されているケース。見落としがちな理由として、携帯電話の料金を滞納して引っ掛かっているケースや書類の不備などが、審査落ちの原因である場合があるようです。

ところで、審査に通りにくい会社と通りやすい会社があります。一般的に、銀行系は審査が厳しく、流通系や信販系は審査がゆるいと言われます。また、通常借りにくいとされる自営業者や派遣社員、フリーター、専業主婦、学生などであったとしても、相談に応じてくれるローン会社があります。ただ、審査の厳しいところは金利が安く、高額融資の場合が多く、審査のゆるいところは金利が高く、低額融資という傾向です。どの金融会社にあっても、貸し倒れのリスクがあるため慎重にならざるをえません。